独立するならフランチャイズの完全個別指導塾 創育ゼミナール

オーナーの一日

 オーナーの1日をのぞいて見ましょう。

画像の説明

  完全個別指導の創育ゼミナールでは、オーナー様の大切な時間を

  活用できるよう。充実したシステムでサポートを行ないます。

  その一つとして勤務時間外の受付電話対応は全て転送により

  お客様対応に不安を与えません。

  

 オーナーのゆとりの時間活用

  ■ オーナー様のゆとりの時間帯は午前中~午後2:00までゆとりを持って

    お過ごしください。

    週に2日ほどは1時間程度の運動不足解消にエリアマーケティングとして

    町別のポスティング活動を実施しましょう。

    ポスティングを実施しながら地域を歩き、周辺に詳しくなることも大切です。

  ■ 教室不在時でも本部が受付秘書として重要な連絡事項を報告いたします。


画像の説明画像の説明画像の説明


 2:00 教室到着『整理・整頓・清潔・清掃』

画像の説明

  ■ 全ての基本は『整理・整頓・清潔・清掃を自ら実施

   お客様や地域の方は教室の風土を見ています。

   生徒が気持ちよく勉強でき、来訪者に好印象を

   持ってもらえる空間作りに自らの城を

   働きやすい空間にしましょう。




 2:30 本部運営情報を確認しよう。

70%画像の説明

  ■ 週単位の運営マニュアルがWeb・メールを確認。

    マネージメント50項目の具体的な項目を

    秘書の代わりになり教室長にお伝えします。

  ■ 創育夢ノートの活用として時間管理の7つの鉄則を

   踏まえ本日の優先順位を決めていきましょう。

画像の説明


  ■ オーナー様が業務に集中できるかは本部との連携

    オーナーの役割は2つ

    教室と言う船の先頭に立ち具体的な目標に

    向かい地域に必要とされる教室作りです。


step

  ■ 1つは地域への情報アンテナ基地として教室の活性化です。

    顧客や問合せ者の居住地を分析。新聞折込の配布地域を検討。

    SVと生徒集客実践計画に基づき事前準備をしていきましょう。

  ■  もう一つは人・物・金・情報のマネージメント管理です。

    新規入塾処理・教材発注・変更等・・報告処理を行ないましょう。

    本部が事務処理を円滑に対応します。


 3:00 教室長の教務をスムーズにする創育システム

画像の説明

  ■ 創育システムのデーター入力で、

  個人カルテ作成、成績管理、模擬テスト管理、

  単元テスト管理等・・・スムーズに管理が行なえます。

  ■ 必要な時に必要な情報を出せるかは

   マネージメントチェック表を活用しましょう。


 保護者への電話連絡

画像の説明

    保護者への電話連絡

   信頼とは『質より量』のまめさがキーワード

   家庭での様子をお聞きし、保護者との信頼関係を

   構築しましょう。コミュニケーションは重要!

 必要に応じて保護者面談を実施。

画像の説明

   教室長の使命は講師、保護者との連携を取り

   生徒への学習環境を調整する役割です。

   家庭での学習環境のために保護者の

   ご協力を描きましょう。



 講師との授業前10分ミーティング

step

  ■ リーダーの具体的な指示が講師育成になってきます。

    欠席状況や振替要望など時間割マネージメントを行ないましょう。

  ■ 生徒カリキュラムの修正やプログラム修正を指示書に反映

  ■ 講師の方が出勤してきたら必ずミーティングです。

  ■ 『最強の講師行動』を読み合わせ後、連絡事項を伝えましょう。

    この時、コーチングにより具体的な進行を確認、修正しましょう。


画像の説明画像の説明


 4:00 生徒の出迎え・挨拶の徹底

画像の説明

  ■ 元気な挨拶が授業に反映するメリハリです。

   保護者の方も送り迎え時に『こんにちは』

   『元気そうだね』 明るく元気に出迎えをしましょう。



 入退出メールシステムにカードを通そう。

step

  ■ 創育は安心メールが保護者の方に届く仕組みです。生徒にカードを

    通したら規定の座席表に誘導しよう。

  ■ 入退出メールは入塾時にアドレス登録を行なうことで生徒の入った時や

    一斉発信の詳報、回覧、連絡事項が自動的にご提供できるシステムです。

画像の説明


 授業の開始

画像の説明

  ■ 担当の講師が生徒たちと『よろしくお願いします。

   の合唱で授業がスタートします。

  ■ 教室長は各講師の授業の様子を見て回りながら

   生徒の表情や進行状況を確認していきましょう。

画像の説明

  ■ 生徒は教室長からの励ましを待っています、

   基本スタンスは

   『褒め・褒め・けなし・頑張って』を

   期待をこめて接しよう。

   全てはコミュニケーションが重要です。




 『やる気』を引き出す264段階学習メゾット

step

  ■ 創育では、こども達の学習効果を上げる為、一つ一つの学習手法や

    努力行動を264段階の項目タームテーブルとして誰でもこども達の

    具体的なアドバイスが出来るメゾットを持っています。

  ■ 教室長は曖昧な期待では無い具体的なスキルと生徒のやる気を

    感じて頂けると思います。

    成績を上げていける仕組みと担当講師の個別指導が光るポイントです。

画像の説明


 各時間帯の終了時には『ありがとう御座いました』の合唱

  ■ 担当講師は授業終了時に『学習の記録』をこども達に渡し

    メリハリ教育の『ありがとう御座いました』の合唱で

    授業の終了となります。

  ■ 入り口の外まで見送りをしましょう。

step

    『さようなら』 『しっかり復習しておいてね』

    『明日の試合頑張ってね』 明るく元気に見送り。

    全て最初と最後が肝心です。生徒・保護者とのコミュニケーションで

    信頼関係の構築が行なえます。

    地域の方も見ています。教室長が背中を見せ講師たちの手本を

    見せた指導が部下育成につながります。





 9:30 授業後ミーティングは情報の宝の山

  ■ その日の授業後報告は宝の山です。

   講師からの授業報告&指導方法等アドバイス、生徒の情報を収集し、

   保護者電話に活かします。講師が授業に対する悩みを一人で抱えない

   よう精神面のケアも大切です。

  ■ ここでも本部研修で培ったコーチング技術で輝く講師育成をしていきましょう。

    教室は人材育成が重要な鍵です。本部からの育成支援を元に

    ワクワク出来るチームを作りましょう。

step

  ■ 講師の方と働きやすい職場つくりをする為、

   『整理・整頓・清潔・清掃・自ら実施』の風土を作りましょう。

  ■ 成功は単純かつシンプルです。

    日々の良質な習慣形成が人を育てます。

    全ての人生の時間を楽しみ必要とされる教室作りは

    あなたの熱意で実現できます。




 PM10:00 明日の確認 お疲れ様でした。

  ■ 確認に始まり確認で終わりましょう。翌日授業スケジュールを

    最終確認し、タイムカードチェック、電話転送設定をして帰宅

  ■ 日々の『気配り・身配り・思いやり』が必ずキャンセル待ちの

    教室作りに必要です。
画像の説明

TOP

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional